【ホテルステイ】古都・奈良に日本初上陸!「JWマリオット・ホテル奈良」にステイ

国内ホテル

こんにちは、カメラ片手にホテルやカフェ巡りが好きなHarukaです。

国内外から観光客の多いこの地に、『JWマリオット・ホテル奈良』が2020年7月に日本に初上陸しました。
初!という目新しに惹かれ、早速宿泊してきたので、魅力を存分にレポートします。


何が初?「JWマリオット・ホテル奈良」とは?

「JWマリオットホテル」とは、外資系ホテルマリオットグループが最上級に位置付けるブランド。

2020年7月22日にインターナショナルブランド「JWマリオット」が初上陸し、今まで奈良になかった外資系ラグジュアリーホテルが開業しました。

『JWマリオット・ホテル奈良』は町の中心部にあり、東大寺、平城宮跡、法隆寺といったユネスコ世界遺産となる観光地へのアクセスの良い場所にあります。

📍〒630-8013奈良県奈良市三条大路1丁目1-1


和のエッセンスを感じる「JWマリオット・奈良」のロビー

ロビーに入った瞬間、木のぬくもりが感じられる洗練されたインテリアに胸が高鳴ります。

奈良県の自然と伝統から「和」のエッセンスを受けたモダンな空間が広がり、両サイドにある2つの背景画が目を惹きます。

もう1つは、ロビーラウンジ・バー「フライング スタッグ」の後方に描かれている壁面です。
黒の濃淡の大きななアートには牡鹿が威風堂々!これは圧巻!今にも動き出しそうです。

鹿のオブジェが印象的な「JWマリオット奈良」の客室

館内のいたるところに奈良県のアイコンである鹿のモチーフがあります。

鹿のオブジェや、エレベーターの鏡に描かれている絵、客室内にも装飾が施されており、どこに鹿が隠れているのか探すのも楽しいです。

客室への案内時に、ターンダウンサービスの希望時間を聞かれます。部屋に戻ると照明が少し暗くなり、枕元にはラベンダーのピローミストの用意がありました。快適な睡眠へといざなってくれます。

クローゼットの中には、バスローブも他にセパレートタイプのパジャマも用意がありました。

「JWマリオット奈良」のメインダイニング『SILK ROAD DINING 』で優雅な朝食

朝食は、『SILK ROAD DINING』でビッフェを頂きました。ビッフェには和洋のメニューがあります。

私のおすすめは、オープンキッチンならではの目の前で作ってくれるオムレツ!
「チーズたくさん!やピーマンはいりません」などのカスタマイズが可能です。

他にもドリンクやヨーグルトがミルク瓶に入ってるなど、ジェニック要素もありますよ★

「SILK ROAD DINING」の天井は高く、大きなガラス窓からは光が入りとても明るい空間。
客室と同様に木のぬくもりが感じられ、ブルーの暖簾や竹で作られた照明は「和」を意識したインテリアです。

朝から開放的な空間で朝食を味わえ、気分爽快でした!

お部屋に、紅茶のテイクアウトしたい旨伝えるとテイクアウト用にカップに提供して頂けました!


今回は1泊2日の滞在でしたが、交通の利便性も高いのもあって、
足早に奈良の観光スポット巡ることはなく、観光おホテルでも、ゆったり楽しむことができました。

  1. この記事へのコメントはありません。